おかやま自動車要素技術共創コンソーシアム【ACCEL】令和4年度「総会」を開催しました。

5月31日、「おかやま自動車要素技術共創コンソーシアム」【ACCEL】令和4年度の「総会」を開催しました。今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行ったうえで、対面形式で実施し、 企業、大学等の高等教育機関などから、会員約50人が参加しました。
会長の岡山大学学術研究院自然科学学域 大橋一仁教授が議長となり、議事を進行。役員の紹介、令和4年度の事業実施結果の報告が行われた後、令和4年度の事業計画などが審議され、承認されました。また、企業と大学による共同研究に向けたプレ検討を支援する「自動車軽量化・部品加工高度化分野プレ共同研究」支援事業の募集開始などについても報告が行われました。
総会終了後には、前年度の上記支援事業採択課題3件の成果発表が行われ、多数の参加者が耳を傾けていました。
続けて、会場を移動し「研究者と企業様との懇談会」を開催しました。感染症対策のため、研究者ごとに分かれたテーブルを設け、そこに会員が集う形で懇談を実施し、研究内容や課題等について幅広く意見交換を行いました。

BACK