ACCELが、株式会社三栄のモーターファン・イラストレイテッドの取材を受けました。

令和5年11月21日に、当コンソーシアムが、自動車専門誌 株式会社三栄のモーターファン・イラストレイテッドの取材を受けました。取材には、大橋一仁会長の他、田中賢二コーディネーターが出席しました。
その内容が1月15日発売のモーターファン・イラストレイテッド(http://motorfan-i.com/)に掲載されましたのでお知らせします。

 

取材は、株式会社三栄が取り組んでいる「優秀な人材に、将来自動車業界に進んでもらうべく、メディアとして理系大学生のリクルートをサポートする。その一環として、雑誌のなかで、自動車関連にまつわる研究開発に取り組む研究室、および学生を大学別で特集する」記事の一環で行われており、今回は第20回で岡山大学が対象となりました。その中で、岡山大学が事務局となっている当コンソーシアムも、取材を受けました。

大橋会長から、ACCELは県内の自動車関連企業が集まり、教育機関との交流を通して、それぞれのニーズと研究シーズを持ち寄りながら、具体的な形として課題や取組みテーマを固め、共同研究へつなげることを推進しているなどの説明を行いました。

 

<掲載タイトル>

大学研究室探訪

岡山大学[工学部/学術研究院環境生命自然科学研究科]

『SDGsに対し包括的に取り組みながら教育研究活動の充実・発展を目指す』

 

<ACCELサブタイトル>

『岡山県に根付く自動車の軽量化と部品加工技術を産学官共創によって飛躍的に向上させる』

 

 

※株式会社三栄は、自動車関連の定期誌・ムックを40ブランド以上発行する出版社。

※モーターファン・イラストレイテッドは、メカニズム派モーターファンのための雑誌。

(注)記事をご覧になりたい方は、ACCELラボで閲覧可能です。

BACK